詠春拳                   EBMAS北海道

             詠春拳                   EBMAS北海道

エブマス詠春拳はすべてのレベルの人々を歓迎し、伝統的な中国拳法を通じて自己防衛、身体の強化、ストレス解消などのメリットを提供します。

【詠春拳の特徴】

詠春拳は、相手と接触した状態での練習が特徴となっています。

この方法によって、物理的な接触を通じて相手の動きや意図、エネルギーを「感じ取る」能力を養うことができます。

詠春拳の実践者は、相手の力や方向、圧力の変化を無意識に特定し、それに対応することができるようになります。

特に、相手の力の方向を変える技を習得するためには、詠春拳の練習法であるチーサオが非常に重要です。

反射神経は、実践者が攻撃に素早く反応し、反撃のチャンスを見逃さないために不可欠です。これは効果的な護身術を実践する上でも重要な要素となります。

詠春拳の練習生は、接触感度と反射神経を発達させるための練習を繰り返し行い、無意識のうちに詠春拳の技を使いこなす運動能力を目指します。

このようなトレーニングによって、詠春拳の特徴的な能力を高めることができるのです。

【練習内容】

※詠春拳の基本練習(型·チェーンパンチやパクサオ等技の反復練習)

※詠春拳の原理及び理論の説明、詠春拳の身体操作(技、ターン、フットワーク)

※対人練習(各シリーズ、チーサオ等)

※ラットサオ(感度トレーニング)、 対他の格闘技術(ボクシング的パンチ、キック、タックル、寝技等)に対する対応技法

※詠春拳技術の護身応用  (戦術と戦略)

※スピードup/スタミナup/パワー強化等

先ずは、基本の立ち方、構え、基本技とその理論について説明します。

小念頭という一つめの型には、詠春拳の九割程の技が組み込まれています。

パンチの練習では緊張しないようにリラックスしてパンチが打てるよう練習します。

詠春拳のパンチは、チェーン·パンチと言ってパンチの間が途切れることなく打ち出される、特徴的なパンチです。

次に、攻撃の強さに応じて相手の力を利用できるようにするために、対人での練習に移ります。

この練習が詠春拳の習得に非常に重要で多くの時間をこの練習に費やします。



X
このサイトではCookieを使用して良いブラウジング体験を提供しています
すべてのCookieを受け入れるか許可するクッキーの種類を選択してください。
プライバシー設定
このウェブサイトを閲覧する際に、どのCookieを許可するかをお選びください。一部のクッキーは無効にすることができません。Cookieがないとサイトが機能しなくなるからです。
不可欠
スパムを防ぐため、このサイトではコンタクトフォームにGoogle Recaptchaを使用しています。

このサイトではウェブサイトを正常に機能させるために不可欠なEコマースや決済システム用をCookieを使用することがあります。
Google サービス
このサイトでは、Googleのクッキーを使用して、アクセスしたページやIPアドレスなどのデータにアクセスします。本サイトのGoogleサービスには以下が含まれます:

・Googleマップ
データ駆動
このサイトは、訪問者の行動を記録し広告コンバージョンを監視し、オーディエンスを作成するためにクッキーを使用することがあります:

・Googleアナリティクス
・Google広告のコンバージョントラッキング
・Facebook(Metaピクセル)